妊活についての最前線をお伝えします。

公式妊活研究所

未分類

妊活中のお酒はいつまで飲んで大丈夫!?

投稿日:

お酒が好きな方にとっては、妊娠のためとはいえお酒を
我慢するのは辛いですよね。

妊娠のために我慢しようとしても妊活期間が長く
なれば、ついつい「妊活中はまだ妊娠していないの
だからお酒を飲んでも大丈夫だよね」とお酒に手が
伸びてしまいます。

お酒は妊活にどの程度の影響があるのでしょうか。

また、妊活中のお酒はいつまで飲んでも大丈夫なので
しょうか?

妊活中のお酒はいつまで大丈夫?

お酒(アルコール)は妊娠にただちに影響を及ぼす
ものではありません。

一口でもお酒を飲んだからといって妊娠できなく
なるということはないのです。

ただ、お酒によって妊娠しづらくなることがあるのも
また事実、特に高齢出産を目指している方や月経前症候群、
月経障害や排卵障害のある方では妊活を始めたらお酒は
できるだけ控えた方がよいです。

お酒(アルコール)は妊活に以下のような影響を与えるから
です。

・アルコール分解の際に発生する活性酸素によって細胞が老化すること

妊活を始めるとよく耳にするのが「活性酸素」、
細胞を攻撃し老化させる作用があります。

体内で多くの活性酸素が発生すると、妊娠に必要な卵子や精子も
老化させてしまうため、妊娠の可能性が低くなってしまうのです。

アルコールを摂取すると、アルコールを分解するときに活性酸素が
発生します。そのため、アルコールは妊活中は控えた方がよいのです。

・月経前症候群(PMS)を悪化させること

アルコールは月経前症候群を悪化させることがあります。

月経前症候群は月経障害や排卵障害を招くことがあり、
これらが不妊の原因になることもあります。

月経前症候群に悩んでいる女性ではアルコールは控えた方がよいです。

・精子の質を低下させること

アルコールの影響は妊活中の女性だけでなく男性にもあります。

アルコールを過剰に摂取すると、精子の濃度や運動性が
低くなるため、受精の確率が低下するのです。

上記の通り、妊活をする男女にとってお酒(アルコール)は
できるだけ避けた方がよいものです。

「いつまでならお酒を飲んでもOK」ではなく、妊活を始めた
そのときからお酒は控えましょう。

とはいえ、いつまで続くか分からない妊活中、お酒をずっと
我慢するのは辛いですよね。

また、妊活ではストレスも大敵!お酒を我慢するあまり、
ストレスがたまってしまっては、妊活の成果も出にくくなります。

妊活を始めたらお酒は我慢するのが基本ですが、
「お酒は一滴も飲まない」ではなくストレスをためない範囲で
節制するのがよいです。

妊活中のお酒をそれでも我慢できない方のために

人間の体にはアルコールを分解し無毒化する能力が備わって
います。

なので、適量であればお酒を飲んだからといってただちに
卵子や精子に影響を与えることはありません。

「妊活中お酒を一滴も飲まないというのは無理」という方は、
適量のお酒を楽しむようにしましょう。

適量とは、ビール(アルコール度数5%)でいえば1500mlまで、
これ以上飲むと肝臓に負担ががかかり体に害を及ぼします。

また、毎日飲酒するのはだめ、1週間に1~2日の休肝日を
もうけてくださいね。

お酒を飲んだ後、抗酸化作用のあるポリフェノールやフラボノイドを
摂取すると、アルコール分解によって発生した活性酸素の
働きをおさえることができます。

休肝日にはポリフェノールやフラボノイドを含む食べ物を
意識して摂取しましょう。

また、男性では射精できる精子が育つまで3ヶ月かかると
いわれています。

不妊治療で精子の採取をする予定があるときには、
採取の3ヶ月前からお酒を控えると、元気な精子を不妊治療で
使用することができます。

妊活中のお酒はいつまでなら大丈夫?のまとめ

ということで、妊活を始めたらその日からお酒はできるだけ
我慢すること!

お酒を飲むときには飲み過ぎないように気を付け、
翌日は休肝日にして妊活への影響を最小限におさえてください。

-未分類
-, ,

Copyright© 公式妊活研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.