妊活についての最前線をお伝えします。

公式妊活研究所

未分類

妊活中のダイエットは賛否両論!?食事に気を付けてちょっと痩せたい!

投稿日:

ダイエットをすることにより生理不順になる、無月経に
なるということもあるので、妊活中のダイエットには
注意が必要であると言います。

しかしそれも激しいダイエットではなく、きちんと
食事に気を付けて、ちょっと痩せたいという場合は
妊活にも効果的。

そんな妊活中ダイエットの食事について紹介します。

妊活中のダイエットする意味

ダイエットをしたいと思う時には、体重が増えていると
感じているとき。最近体重が増えたな、鏡を見ると
無駄な脂肪がたくさんついているなと感じるときには、
それだけカロリーを摂取しているということを
意味します。

カロリーを取り過ぎているときは、暴飲暴食をしたり、
ジャンクフードを食べ過ぎたり、またジューズやお菓子
といった嗜好品やアルコールの摂取が多いことも
原因になっていることはないでしょうか。

ダイエットをするということは、そのような生活習慣を
見直すことが第一歩になります。

妊活中の食生活の見直しはとても重要なこと。

そのため妊活中のダイエットは、妊娠しやすい身体を
作るための意識付けになるのです。

妊活中のダイエットは、緩やかに

妊娠してしまったら、赤ちゃんの成長を考えたらダイエットを
することは難しいです。

太らないように食事に気を付けることはできても、
赤ちゃんに必要な栄養分を届けなくてはいけないので、
食事を制限したダイエットは不可能ですね。

そのため妊活中に少しでもダイエットして痩せておきたい
と考える女性は少なくありません。

しかし激しいダイエットは、厳しい食事制限から、
低栄養になる、代謝が悪くなる、またホルモンバランスが
悪くなり無月経になるなどの影響があることも。

そうすると妊娠したくても妊娠しづらい状態に!

それを考慮すれば、妊活中のダイエットは
緩やかにというのが大きなテーマ
になります。

厳しい食事制限を避け、体に必要な栄養素とカロリーは
摂取する、また暴飲暴食などはさけ、規則正しい食生活を
送りながら少しずつ体重減少を目指すということが大切です。

妊活中のダイエットは、代謝をあげる食事を目指そう

規則正しい食生活、必要な栄養素摂取などを意識すると、
やはり一日に摂取するカロリーはそれほど制限された
ものではありません。

ダイエットで重要なのは、摂取カロリーと消費カロリーの
バランス。

消費カロリーが上がればそれだけダイエット成功につながる
ことになりますね。

そこで消費カロリーをあげるためには、代謝をあげる食事を
とるのがおすすめです。

例えば、しょうがやニンニク、ビタミンなど体の血行を
良くしてくれるものを摂取すると、代謝があがり消費カロリーも
上がります。

また冷たい食べ物や飲み物を避け、温かい物を摂取するという
だけでも消費カロリーに影響があるのですね。

妊活中のダイエットで重要なのは、そんな代謝をあげる食事を
摂取すること。

摂取カロリーを抑え、消費カロリーが上がればダイエット成功にも
つながります。

妊活中のダイエットの食事は、夫婦一緒に

ダイエットをしていても食べたい欲求にかられることも
あるでしょう。

そんな時には、低カロリーで食べごたえのあるものを摂取する、
またしっかり噛んで満腹感を出すように心がけるというのは
基本的なことです。

しかしダイエットは一日で終わるわけではないですよね。

継続していくことが大切です。

そこで妊活中にダイエットを継続していくために、
パートナーの協力が欠かせません。

食べたいなという欲求があっても、第3者の目があれば
その衝動を抑えることもできます。

そのため妊活中のダイエットをしているときこそ、
積極的にパートナーと食事を楽しくとって、食べたい衝動を抑え、
食事の食べ過ぎを抑えることが大切です。

-未分類
-, ,

Copyright© 公式妊活研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.