妊活についての最前線をお伝えします。

公式妊活研究所

未分類

妊活中の方のための骨盤体操のやり方と効果

更新日:

体のちょうど中央にある骨が骨盤。この骨はとても大きな
ものであり、内臓や子宮といったものを支える骨であること
から、骨盤がずれていると妊活にも影響があります。

そのため妊活中には、骨盤を正しい位置にするために
骨盤体操をするのがおすすめ。その体操をご紹介します。

妊活中の骨盤体操の意味

骨盤の位置というのは、普段の歩き方、座り方などの
生活習慣が大きく影響をしています。

特に女性は足を組んだり、横すわりすることも多く骨盤が
ゆがみやすことも。

骨盤が歪んでいると、その周辺の血行が悪くなることが
少なくありません。

子宮という場所は骨盤に近い場所にあることから、血行が
悪くなると子宮も冷えてしまうことがあるのです。

生殖器の血行が悪くなると、それが妊娠しづらくなる原因に!

そのため妊活中には骨盤体操をして、骨盤を正しい位置に
すること、また骨盤を刺激して血行を高めることが重要なのです。

妊活中の骨盤体操をはいつ行うのがいい?

骨盤のゆがみというのは、徐々に起こってくるものです。

それを改善させるためには、やはり時間が必要です。

そのため骨盤体操を毎日の習慣にするといいでしょう。

毎日きつい運動をこなすというのは、大きな義務感が発生し、
長続きしない原因になります。そのため骨盤体操は手軽に
できる物を、毎日習慣づけて行っていくという考え方が
大切です。

また自宅で手軽に出来るもの。

特に入浴後の血行の良くなった時に行うと、骨や関節も
柔らかくなっており効果が高いと言えます。

妊活中の骨盤体操はどんなものを行う?

骨盤体操というと、骨を矯正するための辛い動きをするので
はないかと考える人もいますが、実はそうではありません。

骨盤の位置を動かして刺激するものもありますが、実は骨盤の
周りの筋肉を整えることにより骨盤の骨を正しい位置に
維持するという方法もあるのです。

そのため骨盤体操というのは、骨盤を意識して動かす方法と、
骨盤周囲の筋肉を鍛える方法の二つがあるのです。

妊活中の骨盤体操1、骨盤の位置を動かす

骨盤の位置を動かす方法は、二つあります。

それは足を肩幅に開いた状態で、手は腰に当て、骨盤を
左右に振るという方法。

そして更に前後に振るという方法です。

単に腰を振ると考えがちですが、意識するのは骨盤。

骨が左右に、そして前後に動くように移動させるためには、
コツをつかむことが大切です。

これを1分ずつ行うことにより、骨盤周囲が滑らかに
動くようになってくるでしょう。

妊活中の骨盤体操2、骨盤周囲の筋肉を鍛える

骨盤周囲の筋肉と言えば、お尻の筋肉と太ももの筋肉。

それを鍛えるためには、スクワットをして太ももを鍛える、
そしてお尻歩きをしてお尻の筋肉を鍛える方法があります。
どちらも手軽にできるのでお勧めです。

スクワットというのは、足を肩幅に開いて、両手は胸の前で
両肩を抱くように組みます。

そして椅子に腰かけるようにお尻を落としていくのです。

この時に意識するのは背中が曲がらないようにすること。

そして膝が前に出ないようにすることです。

これを10回×3セット行いましょう。

お尻歩きというのは、足を前に投げ出した状態で床に座り、
そのままお尻を使って前後に進む運動です。

意識するのは足や腕の反動で移動するのではなく、
お尻を使って移動するということです。

妊活のための骨盤体操まとめ

ここまで骨盤体操をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

これを妊活中に行うと骨盤を矯正できることはもちろん、
妊娠してからの骨盤のゆがみの予防や痛みの発生の予防にも
つながります。

また骨盤がしっかりと子宮を支えてくれるため、妊娠中の安定した
経過を送ることも期待できるのです。

是非妊活中から骨盤体操をマスターして実践してみてください。

-未分類
-, ,

Copyright© 公式妊活研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.